« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

エン万弁当

Cimg0422いよいよ今日で平成19年度も終わりですね。子どもの頃は1年がすごく長かったのですが、今ではすごく短く感じます、、、。いろいろと人生の転機であった平成19年度でしたが、いつかあのときに出した決断が正しかったと言える日が来ると信じて毎日頑張ってます(本当?)。そう信じていないと生きる自信も無くしますけどね
前記事、おんなの駅の続きですが、同じ恩納村で弁当を調達。いつもならどこか美味しい店を探すのですが、この日は天候に恵まれたので外で弁当を食べるのも気持ちいいかなと。実際はかなり暑かったのですがおんなの駅では買わずに寄ったのは58号沿いにある「エン万弁当」、前から味のある建物だなと思っていたところです。
Cimg0425 お弁当は沖縄らしくボリュームありそうなので、おとなしく1個だけチョイス。そして美味しそうだったのでチキンサンドも買ってみました。沖縄の弁当は揚げ物ギトギト、化学調味料こってりだったりでげんなりな場合が多いのですがここのはそんなことなくて無理なく食べられます。三枚肉も照り焼き風な味付けで豚臭さも無し、からし菜のおひたしなんかも家庭的な味付けで美味しいんです。チキンサンドはパンが意外に(失礼)美味しくて、これまたぺろり。量は少なくはないので結果的に2人でちょうどいいくらいでしたが、非常に満足のいくお弁当でした。味も見た目も派手さはないですが、こういう安心できる味が個人的には好きですね。

エン万弁当
沖縄県恩納村字冨着576-3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

琉冰(りゅうぴん)

Cimg0418今回、龍泉酒造の記事を期待していた方ごめんなさい。頭の中で整理が付けやすいように時系列に書いていきますので龍泉酒造の事は後の記事で書きます、、、と言うことでまずは恩納村は「おんなの駅」です。
北部へ向かうときは大体寄るのですが、今回も勿論ここで休憩。中で売っている萬座もオススメですが、今回は敢えて買いませんでした。龍泉酒造のお酒を買うのが目的だった物で、、、ってしつこいですね。この日はとても暑かったので、冷たい物が食べたくてこのお店をチョイス。
Cimg0421アイスマウンテン いちごミルク&紅芋です。 皿の上にてんこ盛りの氷とフルーツ、氷の下にはあんこと白玉団子、そして練乳にアイスまで。こう書くと凄そうですが、氷のきめが非常に細かくてどんどん食べられます。種類が4~5種類くらいあるので、これだけでも何回も食べられそうです。やっぱり暑い日にはこういうデザートがいいですねぇ。

琉冰 おんなの駅店
沖縄県恩納村仲泊1656-9
10:00~19:00
年中無休
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

沖縄県北部酒造組合 50周年記念スタンプラリー

Hi390339 やたらと長いタイトルで申し訳ありませんが、こんなイベントをやっています。泡盛好きでも普段目にすることのない酒造所を見に行こう!という意図があるのかないのか知りませんが、より理解を深めるためにはいいイベントだと思います。
全11箇所の中には離島も含まれるのでコンプするのは難しいかも知れませんが、好きな蔵元を回るだけでも面白いと思います。早速うちは大好きな龍泉酒造を定休日の昨日見学、期間は長めなので残りは何回かに分けて回りたいと思います。龍泉酒造の様子は明日にでも書きますが、非常に良心的な対応で好感度上がりまくりでした。羽地内海、龍泉、今までもプッシュしていましたが更に強力に推し進めて行きたいと思います。

北部酒造組合HP(詳細はこちらをご覧下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

もうすぐ一周年

Img_0568_2 早いもので今年ももうすぐ4月。4月1日はkanaの一周年となります。
大きなイベントを打ち上げるでもなく静かにそのときを迎えようと思いますが、とりあえず何もやらないのではつまらないのでちょっとだけ、ほんの気持ちだけ考えています。ただし、4月1日に都合の悪い人も多いと思いますので、4月一杯までは続けられるかわかりませんがゆる~く、なが~くやって行きたいと思ってます。
数量限定ですからお早めに~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

黒糖焼酎 朝日

Hi390337 3月も終わりが近づいて、いよいよ日差しは春から夏を感じる日も多くなってきました。春になっても仕事的には相変わらずで、昨日のように鳴かず飛ばずの日もあれば一昨日のように外テーブルまでお客さんが溢れる日もあります。目下のところ、この営業前半の時間にどうやってお客さんを入れるのかが当面の課題ですね。早い時間はなかなか席が埋まりませんからねぇ。ハッピーアワーでもやろうかな?ビールとサワー100円引きくらいで。

写真は喜界島の黒糖焼酎「朝日」。黒糖焼酎としては長雲、龍宮と並んで3大銘柄と言っても過言ではない人気と実力があります。先日、徳之島のお客さんが見えられたのですが、喜界島に行ったらこの朝日をお土産に買って帰るそうで、理由を聞けば美味しいからと言う事。徳之島でも黒糖焼酎作ってますけどね~

黒糖焼酎らしい黒糖焼酎が好きな人にはお勧めです、もちろん僕は大好きです。

黒糖焼酎 朝日 30度 400円(90ml、税込み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

純米酒 秋鹿 H19BY山廃純米無濾過生原酒雄町

Hi390336 3月もいよいよ終盤戦、会社でも異動の季節なので週末は忙しいんじゃないの?と思いきや、昨日は暇でした。一昨日は祝祭日なので暇と思っていたら、開店から閉店(しかも1時間も延長営業)まで忙しく、本当にこの商売は読めませんねぇ。ま、いずれにしても忙しいのはいいことです。
写真は純米酒「秋鹿 H19BY山廃純米無濾過生原酒雄町」。秋鹿は自社で米を作り、そのお米でお酒を醸すという応援したい蔵の一つ。酸の効いた、がっつり骨太のお酒を作ってくれるので個人的には竹鶴と同じく超ストライクゾーンです。この秋鹿、うちには珍しく生原酒ですが生っぽさはあまり感じず、濃厚な味わいの中に酸が効いているのですっきり辛口になっています。勿論今の段階で熟成感はありませんが、きっと熟成しても美味しいお酒だと思います。

秋鹿 山廃純米無濾過生原酒 600円(1合、税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

豚厨房 NoBu

Hi390330_2しばらくバタバタしてしまい、ブログからちょっと遠ざかっていました。いつもなら水曜の食べ歩きは木曜にアップするのですが、昨日は時間が作れなくて断念。今日、久しぶりにブログの更新に向かっています、、、。
今週の水曜に行ってきたのは知り合いが働いているお店なのですが、モノレール旭橋駅近くにある「豚厨房 NoBu」。名前の通り豚料理がメインで、場所柄ホテルも多いから観光客が多いよと聞いていましたが、行ってみると結構地元客も多いです。観光客と半々くらい?メニューも豚料理だけではなく所謂普通の居酒屋的な物も多くて、地元客に愛されるのも納得です。

Hi390332_2 豚トロニンニク炒め

Hi390333_2 豚串5本盛り合わせ

他にも鱈の白子ポン酢とかマグロアボカドサラダ等食べたのですが美味しかったです。しかし、なんと言っても美味しいのは豚肉ですね。わざわざ豚肉にこだわるとうたうだけあって豚料理がオススメです。同業他社が多いこの界隈で、地元客にこれだけ愛されるお店なのは伊達ではないなと思いました。沖縄初心者の観光客を連れて行くのもオススメできると思います。
そもそもこの界隈はあまり知らなかったので、行けるお店が増えてありがたかったです。

豚厨房 NoBu
沖縄県那覇市東町6-18 パーム東町1F
098-800-7663
日曜定休
営業時間 17:00~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

泡盛 古酒琉球

Hi390328昨日今日と、昼間の日差しは既に真夏のそれに近い暑さになってきたんですが、さすがに日が落ちるとまだまだ気持ちのいい気候です。席が埋まってくると人体の熱気が溜まるので、相当寒い日以外はドア開け放しての営業には変わりませんけどね。もうすぐクーラーの手放せない日が来ると思うと恐ろしい限りです。
今日の写真は新里酒造の古酒琉球43度。具体的な年数表示はありませんが、この甕の中で実はそれなりの年数が経っています。度数を感じさせないまろやかさに濃い甘い香り、個人的にはこういう濃厚な旨味のあるお酒が好きなので初めて飲んだときにはちょっと感動すら覚えました(大げさ?)。
泡盛古酒の入門にも、古酒好きな人にもお勧めしたいお酒です。

古酒琉球43度 600円(税込、60ml)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

芋焼酎 赤霧島

Hi390327 昨日はホワイトデーと言うことで、イベント事&祝祭日に弱いうちとしては暇だろうと思っていたら案の定前半戦はまったりで、24時を越えた辺りからカウンターが埋まってました。何故かカウンターはおじさんに占領されて、ホワイトデーの様なムードはまるで無し。それもこれも、常連のS袋さんが居る時は何故か男性客が多いんですよねぇ。昨日がまさにそんな日でした。
今日の1枚はそろそろまた出荷がある頃じゃないでしょうか?毎年限定で出荷される赤霧島です。甘い香りが特徴の非常に飲みやすい芋焼酎で人気がありますが、紅芋系で仕込んだ芋焼酎はだいたい同じような甘い香りがするのでこればかり目がいくのはちょっと、、、。個人的には「赤江」とか「うえぞの」の方が味にパンチがあって好みですが、、、。ま、軽く一杯とか、芋焼酎へのとっかかりにはいい1本だと思います。

赤霧島 500円(90ml、税込)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

我楽そば

Hi390326最近、水曜の昼は沖縄そばを食べに行っています。もともと2人ともそば好きなのですが昔ほどそば巡りをしなくなって久しく、これではイカンとまだ行ったことのないお店を巡り始めています。どうも先週は撮り忘れていたようで書かなかったのですが、公設市場近くの田舎そば、350円でじゅーしーも付いて美味しくて正直びっくりでした。田舎そばについては再訪したときにまた詳しく書きます。
と言うことで昨日行ったのは「我楽そば」。夜は「カラカラとちぶぐゎー」で営業されていますっていうか夜が本業ですね。夜もまだ行ったこと無いので、夜も行ってみたいですがいつになる事やら、、、。脱線が過ぎたようなのでここらで軌道修正、我楽そばはダシの透明さと麺のコシの強さを売りにしているだけあって、透明ながらコクのあるスープ、噛めば押し戻してくるような麺です。こってり系が好きな人には向かないかも知れませんが、個人的には鰹の香る、すっきり美味しいスープだと思います。毎日食べても飽きの来ない味ですね。じゅーしーも牛蒡と椎茸がいいアクセントになって上品な味付け。歩いていける範囲にあるお店の中では最高点を上げたいと思います。
そば好きを自称するなら、是非行った方がいいお店ですよ。

那覇市久茂地3-15-15やまこ第二ビル1F (※久茂地小学校裏)
電話:098-861-1194
営業時間:11:30~15:00(そばが無くなり次第終了します)
日曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

泡盛 瑞穂ロイヤル7年古酒

Hi390325昨夜は珍しく(?)、酔っぱらいさまご一行な営業でした。何故か来る人がみな酔っぱらい。皆さん月曜から大丈夫かなと思ってしまうのですが、意外に月曜から飲みたがる人が多いのも事実です。沖縄は基本的にそうなのか、それともうちの回りだけそうなのか?研究には値しませんが興味のあるテーマです。
こちらに紹介は瑞穂酒造の「瑞穂ロイヤル7年古酒」。現在は年数表示が付いていませんので少なく見積もっても10年古酒以上にはなっている計算です。瑞穂酒造のお酒は古酒になると味の深みも香りもグンと良くなるイメージがあるのですが、こちらも期待通りの美味しい古酒です。もともと売られている状態でかなり美味しいのですが、もっともっと貯蔵できるそんな可能性も感じます。
こちらで瑞穂の可能性を感じられた方は、もっと美味しい瑞穂の一升甕(こちらも古い)がありますのでそちらもぜひお試し下さい♪

瑞穂ロイヤル7年古酒43度 500円(60ml、税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

泡盛 ニコニコ太郎

Hi390322異常に暑かった昨日とはうってかわって、今日は曇り空で気温ほどよく、しかし湿度高くてちょっとあれかな的な天気です。いよいよ暑い夏が近づいて来ましたね~。おかげで昨日は焼酎&泡盛ロックがよく出ました。
昨日からメニューが変わって、新しく登場した中の1品がこちらの「ニコニコ太郎」です。宮古島にある池間酒造のレギュラー酒ですが、やたらとインパクトのある名前と、垢抜けないラベルデザインがステキです。ラベル代が勿体ないと思ったのか(?)黒、赤、青の3色というシンプルな構成で質実剛健(?)です。とまあ、散々落としてみた物の、詰め日の記載無し(平成16年4月以前出荷)の瓶熟古酒だけあって度数を感じない、そして古酒香のあるお酒になっています。池間酒造の出している瑞光という古酒が美味しいのでこのニコニコ太郎にも期待していたのですが、その期待を上回る旨さで熟成の大切さを改めて感じました。
以前紹介した太平と並んで、気軽に飲んで頂けるお酒だと思います。

ニコニコ太郎 30度 400円(90ml、税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

純米酒 日置桜 山笑ふ

Hi390321春の足跡は確実に迫ってきましたが、まだまだ朝晩は沖縄でもひんやりとします。これから来る長い熱帯夜を考えると、この寒さ(涼しさ?)に名残惜しさも感じます。今が沖縄でも湿度の低い、一番過ごしやすい季節ですからね~。
写真の一品は鳥取の蔵元、山根酒造場が作る古酒ブレンドの純米酒「山笑ふ 其の弐」です。H5BYが25%、H16BYが75%のブレンドで、燗あがり(お燗をつけると美味しくなる)するよう調節されています。古酒らしく濃い山吹色をしていて、いかにも旨みあふれていますといった感じ。燗つけて飲めばその期待を裏切ることなく、ふくらみのある奥行きと余韻が続きます。
新酒だけが日本酒だと思っている人にもお勧めできる、そんな懐の深さを持った純米酒です。是非お燗でどうぞ。

日置桜 山笑ふ 600円(1合、税込み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

水曜は定休日

ことさら強調する必要も無いかもしれませんが、kanaは水曜定休です。休みは買い物に行くことが多いですが、先週のナンクル食堂に触発されて最近は模様替えモードにスイッチが入っているので、今日もこれからカウンターの椅子を見に行きます。カウンターの椅子を全て入れ替えるのではなく、入って奥側の席をちょっといじります、、、。気に入るのがあるといいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

泡盛 常盤

Hi3903163月になっても寒波が訪れて、本当に温暖化?と疑うような気象状況です。温暖化じゃなくて異常気象だと言われたらそれまでかも知れませんが、季節外れの寒さや暑さは昔からあるわけで、今がナーバスなだけじゃないのと思ってしまいますが、、、。
泡盛のオススメとかよく聞かれるのですが、そりゃやっぱり古酒が美味しいのは明白です。しかし、新酒のオススメと聞かれたら、度数高くてもいける方にはこの常盤44度か太平44度をオススメします。常盤らしい個性を持ち合わせ味わい豊か、新酒なのにとげとげしさがありません。昨年の離島フェアで聞いたら、新酒だけではなくて前年に仕込んだお酒とブレンドしているとのことでしたので厳密には新酒では無いのですが、味のばらつきをなくすためには当然のことなのかも知れません。それが美味しさを高めている要素の一つなら大歓迎です。
泡盛の好きな方には間違いなくオススメの一品です。

常盤44度 400円(60ml、税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ナンクル食堂

Img_0617_2 京都での2泊目、以前kanaに来て頂いたナンクル食堂に出かけてきました。三条河原町からバスに乗って30分ほど、渋滞がなければもっと早かったと思いますが、道中雪が降り始めたのにはビビリました。さすが京都、中心部を離れるとすぐに天気が変わります。
名前の通り、ナンクル食堂は沖縄料理を中心としたお店。他には浜坂港直送の海産物等々、メニューも豊富でそそられるモノがいっぱいです。しかし、何よりも気になったのはその内装。家具職人が作ったという、まるで舞台装置がそのまま出てきたんじゃないの?的な立体構造が滅茶苦茶興味をそそられました。うちも広いお店ではないので荷物の収納が高層化してきていますが、ナンクル食堂を見るとまだまだ甘いですね(笑)。
Hi390313 Hi390314 沖縄から行って沖縄料理を食べてもなんなので、大好きなお魚系を頂きました。冬の日本海の魚は鳥取も同じですが、やっぱり美味しいですね。左の写真のハタハタのホイル包み蒸し焼きは初めてでしたが新たな発見でした。お酒は美味しいのからどえらいの(笑)まで燗で頂きましたが、泡盛や焼酎も種類があって面白そうでした。
場所的にちょっと行きにくい部分はあるかも知れませんが、行けばきっと気に入ってもらえるお店だと思います。

ナンクル食堂
京都市右京区梅津徳丸町18
070-5653-1589
17:00-25:00
日曜、第3月曜(?)定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »