« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

魚bar一歩

Img_0057夜は恵比寿にある「魚bar一歩」へ。恵比寿はかなり飲食店激戦区になるのですが、ちょっと表からは離れたこのお店も来客が絶えません。いいお店なんですね。
お通しはもやしのナムルと砂肝の唐揚げ。お通しというと寂しい内容も多いのですが、ここのは結構おいしいです。お金をお客さんが負担する以上、美味しいのが当然だと思うんですけどね。
Img_0050 岩がき、レモンを搾って旨い!
Img_0051黒むつの焼き物
Img_0053 お作りの盛り合わせ
Img_0054アジのなめろう

ビールに始まってお酒は日本酒を。姿、飛良泉、神亀を頂きましたが、やっぱり神亀が個人的には美味しかったです。いろいろ飲むつもりでしたが、やっぱり定番は外せないようです(笑)

名前のように魚が中心のメニューですが、沖縄では得られない満足感のお店でした。沖縄に住んで8年目ですが、やっぱり魚は内地ものが好きです。そういう意味でも満足のお店でした。

魚bar一歩

 東京都渋谷区恵比寿1-22-10 カマスヤビル2F
1800-2500
無休
03-3445-8418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08.06.29 那覇~東京

Img_0040今週は水曜までお休み、東京に来ています。
那覇空港を朝一便で飛び立ったのでかなり早い時間から活動できましたが、睡眠時間が短くて眠い~フライト中は爆睡でした。
久しぶりの東京は雨で肌寒い感じ。那覇とは違うなって思いました。

Img_0045 ホテルに荷物を預けて新宿へ移動。立ち退き問題が起きている、東口のBERGに行ってエーデルピルスの樽生と五穀米と10種野菜のカレーをいただきました。立ち退き問題は向こうのHPをみて頂くとして、こんないいお店が無くなるのは惜しいです。是非、存続してほしいですね。

この後もネタ小出しにして続きます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

泡盛 國華43度

Hi390457 島酒家プロデュースの國華43度です。津嘉山酒造所のところで書きましたが、この國華とアルテックPBだけは甕貯蔵されていて他はタンク貯蔵です。ラベルに詳しいスペックが書かれていますが、蒸留日は平成16年10月6日、今年の10月6日がくれば4年古酒になります。瓶詰めは平成17年4月21日、蒸留からこの期間甕貯蔵されていたのでしょう。
まずアルコールの香り、その後に古酒香、甕臭はあまり感じられません。味は柔らかな旨みに混じって甕の風味が出すぎ無い程度にしっかり感じられます。好みはあると思いますが、個人的にはほどよい甕風味が味に奥行きを持たせていて好きです。おもろ10年を美味しいと思う人にはたまらない味だと思います。
このお酒は値段がネックで(國華は元々高いですが)、当時あまり買い置きしなかったのが残念です。メニューには載せていませんので、飲んでみたいと思う人は声をかけてやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

三度、焼膳

何故か嫌がらせのように、ここに行くときは雨が降りますこの水曜も雨、しかし焼膳へ行ってきました。実は鶏料理の奄美に行きたかったのですが移転した模様、、、どうやら縁がないようです。
焼膳はいつものようにビールでスタート、そしていつものように野菜多めのセレクトです。
Img_0027 焼鳥屋ですが鯖のお造り
Img_0028 水なすのサラダ
Img_0031 親指ほどの太さがあるアスパラ
Img_0032 焼きマコモ
Img_0033 沖縄産のトウモロコシ
Img_0034 ズッキーニ

中でも秀逸だったのはトウモロコシ。沖縄産があるのも知らなかったのですが、これが甘くてみずみずしくて美味しいんです。おなかに余裕があればもう1本行きたい位でした
結局この日食べた肉は串盛り5本と焼きてびちだけで、鶏も美味しいんですがそれ以上に美味しい野菜を食べまくりでした。鶏も野菜も、是非オススメのお店です。

営業時間等は前の記事を参考にしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもと

Img_0014 石垣島は高嶺酒造所の泡盛「おもと」です。現在、うちで開栓済みは2種類あるのですが、1本は終売の8年古酒43度、1本は酒造所限定の2003年蒸留43度です。どちらも美味しいことに間違いはないのですが、それぞれ個性があっておもしろいです
どちらもメニューには載っていませんが、飲み比べが気になる方は、無くならないうちにどうぞ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

お知らせ

もう来週なのですが、ちょっとだけお休みを頂きます。

6月28日(土) 平常どおり営業

6月29日(日) 臨時休業

6月30日(月) 臨時休業

7月1日(火) 臨時休業

7月2日(水) 定休日

7月3日(木) 平常どおり営業

ご迷惑をおかけしますが、よりよいお店作りのために少しお勉強してきますのでよろしくお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

PICHITAN

Hi390452 お米が嫌いというわけではなくむしろ好きなのですが、パスタとかはもっと大好きだったりします。そんなパスタ好きの穴場がこちらPICHITAN(ピキタン)です。県産食材と旬にこだわったパスタとケーキは優しいお味で、民家を改造したであろうお店の雰囲気とピッタリです。
サラダに始まってパン、メインのパスタからデザートへ続くコース。どれも丁寧に作られている感があふれています。
Hi390448 サラダ、奥にパンとグリッシーニ
Hi390449 アスパラ、ブロッコリー、小松菜、豚肉のクリームパスタ
Hi390451 桃のタルトとアイスコーヒー

料理のおいしさもさることながら、個人的にはお店の雰囲気が気に入りました。こういう古い家を改装したお店というのが非常に好みなので、ついついなめるように見回してしまいます引越先物件を探している(お店ではなくアパートですが)のも相まって、興味深い建物でした。うちも久しぶりに模様替えしようかなぁ~。
街中にあるお店ですが、ちょっと奥まった路地だから静かです。のんびり美味しいパスタを食べたい人には間違いなくオススメです。

PICHITAN
那覇市松尾1-10-7
090-1864-6990
11:30-15:00,17:00-23:00(L.O.22:00)
不定休?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

マレシェール

よく困るのが近場でランチを楽しめるお店、意外に近くにはなくてちょっと遠くまで出かける事もあります。最近お客さんに教えてもらって良かったのがフレンチのお店「Maraichere(マレシェール)」です。夜も営業していますが、お昼のランチコースもオススメと言うことで行ってきました。
選んだのはパスタランチとオススメランチの肉コース。デザートとドリンクをプラスしてお願いしました。スープから始まってパン、そしてメイン、デザート、ドリンクと続きます。

Hi390423 やんばる若鶏の田舎風オーブン焼き

Hi390424_2  ワタリガニのクリームパスタ

Hi390426_2  ブランデー風味のティラミス

どれもかなりレベル高いです。シェフは有名ホテル等で修行されたそうで、納得の一品ばかりです。この値段で本当にいいの?って感じで満足度かなり高し是非とも夜も行ってみたい所ですが、ランチもまた行きたいと思います。夫婦でやっている小さなお店ですが、穴場的でかなりオススメです。

Maraichere
那覇市松尾2-17-30(ホテル日光近く)
098-951-1526
11:30-14:30,18:00-23:00
定休日 日曜夜、月曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

とある日の古宇利島

Img_0656空は薄曇りでしたが海は透き通ってきれいでした。

写真は電線が邪魔でスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

津嘉山酒造所 その2

Img_0630 前回、あまりの衝撃の為に肝心の造りを聞き忘れた津嘉山酒造所に再び行ってきました。前回は麹棚から仕込みタンクに人力で米を移す日でしたが、この日は特に何も無し。グラビア撮影もありませんでした
仕込みの工程は前回聞いたとおりで、特に他と大きく変わったことはありません。前回聞き損なった原酒の度数は44度、それを43度に割り水して貯蔵しています。濾過は冷却無しで簡易(保安)濾過のみ、原酒の度数については蒸留器の関係か度数が上がらないとのこと。最高時の度数で50度ちょっとらしく、与那国三酒造所の花酒(60度)にも到達しません。崎元酒造所の人に度数を高く取る秘訣があると聞いたので、ひょっとしたら他の酒造所でも最高度数は低いのかも知れませんが、、、。少なくとも言えるのは、蒸留器の種類・形によってアルコール収量は違ってくるのでその辺の影響も大きいと言うことです。後、酒造所ならではの貴重な体験をさせてもらえたのですが、その体験が結構非常に衝撃的で、それに対するコメントに向こうも衝撃があったようです。津嘉山酒造所さん、今度是非飲みに来てください。
Img_0647 蔵元としては小さいのですが、國華は結構ラインナップが多いので今回はその辺もつっこんで聞かせてもらいました。一般的な國華、古酒國華、國華至福の一滴はタンク貯蔵、島酒家プロデュースの無濾過シリーズだけが甕貯蔵とのこと。元は同じ酒ですが別々の甕で貯蔵されている物を試飲させてもらいましたが、甕番号で管理されているだけあって味が違います。甕に移して2ヶ月だから差は小さいと言うことですが確実に違います。新酒43度なのですが、甕の風味が付いて結構まろやかでした。瓶貯蔵の古酒は素直な味に育ち、甕貯蔵の古酒は複雑な奥行きを持つ味になります(自分の知る限りですが)。甕自体が呼吸によりお酒の成長を早め、お酒が本来持ち得ない成分を与えてくれるからだと思いますが、改めて瓶貯蔵にはない可能性を甕貯蔵に感じた体験でした。
やっぱり真剣に良いお酒を造る蔵元は応援したいですね。國華の魅力を少しでも知ってもらう為にも、2004年蒸留の國華をそろそろお店に並べてみようかなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

紀乃川食堂

Cimg0575 本部町にある紀乃川食堂に行ってきました。以前は那覇市にあったこの食堂ですが、今はかなり幹線道路から離れた集落の奥にあります。観光客が多いかと思いきや、地元客が入れ替わり立ち替わりの人気店でした。お店の移転というのは難しい物があるのに、それだけ引きつける魅力があるんでしょうねぇ。
Cimg0579 メニューの種類的にはそう多くないのですが、一般的なものの他にやんばる島豚ロースカツがあったり、それなりに工夫されているようです。
悩んだ末にチョイスしたのはそろそろ季節のヘチマ味噌炒め。個人的にはゴーヤーよりもヘチマの方が夏が来たって感じがします。薄目の味付けですが、三枚肉がごろごろ入って出汁も十分、どこの豆腐か分かりませんが堅くて味のある豆腐が美味しかったです。
なかなか行く機会のない場所ですが、本部町に行ったら寄ってみたいお店です。

紀乃川食堂
沖縄県本部町字健堅603
0980-47-5230
11:00-21:00
月曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

山川酒造

スタンプラリーで最後に回ったのが山川酒造です。伊平屋、伊是名には行けませんでしたが、山川酒造を見ることで見学したかった蔵元は全部回れました。実は龍泉と津嘉山には2回行きましたが
Cimg0560 古酒の山川と言われる山川酒造は長期貯蔵に耐えられる酒質を持つ酒造りに熱心で、砕米に比べて扱いが難しいと言われる丸米を仕込みに使っています。自社製品はすべて丸米、組合に納めるお酒は他の蔵元と同じく砕米で仕込むそうですが、その砕米にも一手間かけてよりよいお酒が造れるように工夫されていました。それは蔵元の姿勢もさることながら、ある程度の規模を持つ山川酒造だからこそ出来る一手間で、後で龍泉で聞いてみると本当はやりたいけどまとめて大量に仕入れないと出来ないので難しいと言うことでした。昔より状況は改善されたらしいですが、輸入米を使うのはいろいろ面倒も多いんですね。
Cimg0565 仕込みの工程に関して言えば他の蔵元と大きくは違いません。丸米の為、米の溶け具合とかはぜ込みには時間を要するようですが、特に変わったことをするわけではないとの事。原酒は53度程度、免許の関係ですべて44.9度以下に和水して貯蔵されます。案内してくれた工場長は原酒での貯蔵に興味があるようでしたが、個人的にも原酒での貯蔵が出来れば最高だろうなとは思います。
Cimg0571 貯蔵タンクはとにかく圧巻で、長距離核弾頭ミサイルの林のようです(見たこと無いけど)。これらのタンクから汲み出して瓶詰めされるわけですが、30度以上の商品の冷却濾過は緩いそうなので個人的に貯蔵するならやはり43度がベストなようです。ま、しっかり濾過されていても古酒になりますけどね。うちのメニューに載っている珊瑚礁はレギュラー30度ですが、蒸留2003の古い物なのでやっぱり美味しくなっています。
山川酒造さんは、古酒を語る上ではずせないのはもちろんですが、造りに関しても丸米を使うなど挑戦的な試みがされていておもしろいと思います。大手とは違う方向でこれからの業界を引っ張っていく、そんな気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

インドの青鬼

Hi390421うちが愛して止まない「よなよなエール」を作るヤッホーブルーイングの新作がこの「インドの青鬼」です。惜しくも終売となった「18世紀のインディアーペールエール」の後継として、ついに先月発売されました。
「18世紀の~」と同じくインディアーペールエールスタイルの苦いビールですが、これが暑いこの季節に病みつきになるのです。実際、こればかりオーダーする人続出で追加発注した分がやっと今日届きましたビールが好きな人すべてにオススメです。まずは飲んでみてください。

インドの青鬼 500円

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月 3日 (火)

古酒 守禮

Hi390418いつ頃の物なんでしょうねぇ~。那覇市松川、合資会社神村酒造、局番は84の二桁。優良県産品推奨のシールが一番の手がかりだと思うのですが、守禮に付けられていたのが何年なのかというのが分かりません、、、。

とにかく旨い、香りが凄い、と言うことは間違いありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

密かな目標

あまりお店とは関係のないことでスミマセンなのですが、今年で沖縄に住み始めて8年目。特別今のアパートが好きではない(嫌いでもない)のですが、今のアパートに住んで8年目になります。
住み始めた当初より荷物も増えて(主にお酒)、人間も増えて、そろそろ引っ越ししたいなと考えて今年の目標に引越を据えました。が、実際には何も動いていないというのが現状、、、。そろそろ半年が過ぎようとしているのに、不動産巡りもしていません。一応、お客さんにはそれなりに声をかけて良いのがあれば教えてと言っているのですが、要求が特殊なのか目的の物件に巡り会えません。とりあえず条件としては、

  • それなりに広い部屋
  • 土いじりが好きなので狭くても庭
  • 古くて良いから家賃の安い所
  • 店とアパートの往復が徒歩5分以内

こんな感じで行くと、やはり目指すは一軒家の借家かビルの屋上くらいでしょうか?
家賃は当然ちゃんと払いますので、どこか良いところがあれば(マジで)紹介してやってください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »