« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

有野ふたたび

あらかじめ断っておきますが、ブログに書くのが2回目なだけで実はもっと行ってます。いつ行っても美味しいですし、本当にお気に入りのお店なので、、、。
今回は珍しく予約無しで行ってきました。たまには普通のメニューも食べて紹介した方が良いかなと。

Img_0173 お造り盛り合わせ
Img_0175 水ダコのサラダ梅肉わさびドレッシング
Img_0176 とろ湯葉旨だし島ウニのせ
Img_0177 桜エビのかき揚げ
Img_0178 ミニロールキャベツ煮込み
Img_0179 ハモ皮の酢の物
Img_0181 ウナギの白焼き
Img_0182 チャンジャ豆腐と酒盗豆腐

やはりというか当然というか美味しいです。他では得られない満足感がこのお店の料理にはあると思います。日本酒を飲みながらの和食、やっぱりDNAに染みついているんでしょうねぇ。食材選び、料理の腕、自分の見たい物がこのお店にはいっぱいあるといつも思わされます。
これからも通いたい、そんなお店です。

有野

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

気持ちはわかる

Img_0171 ちょっとあんまりじゃないの?

と思う今日この頃。

でも、その気持ちはわかるけどね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

日本酒 梅津の生もと

Img_0186 長い間お店のことを書いていなかったので、ここらで久しぶりに紹介しておきます。泡盛も焼酎も紹介したいアイテムが増えているのですが、まずは純米酒(日本酒)の「梅津の生もと純米無ろ過生原酒」、鳥取県の梅津酒造で今年初めて生もと造りに挑戦したお酒です。
無ろ過生原酒らしい香りは控えめですが、それらしいとろみを感じる舌触りがあります。生もとらしく酸が効いていて、冷蔵でもいけますが燗付けると酸味と旨みが一層引き立ちます。複雑な味わいにメロメロですが、これを苦手と感じる人もいるかも知れません。
火入れが出たら熟成させてみたい一品です。

梅津の生もと 600円(1合、税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

アルテック ビアフェスタ2008

沖縄は意外とビアガーデンというのが流行って無くて、ビアホールは結構ありますが夏と言えばビアガーデン的な盛り上がりはありません。ビールは好きな県民だと思いますが、ビアガーデンよりも冷房の効いているビアホールの方が良いんでしょう。実際クーラー好きな人が多いですしね、、、。
Img_0157 そんな中でこんなイベントがあったので行ってきました。西原町のアルテックで7月12日、13日の両日行われたビアフェス、「アルテックビアフェスタ2008」です。
入場料は無くて、ビールやつまみを買うときに代金を支払う方式、この方が欲張って飲み過ぎる事が無くて助かりますビールの二日酔いもきついですからねぇ、、、。
Img_0164 ビールの値段はオール300円、ブラウマイスター、ハイネケン、カールスバーグ、プレミアムモルツ、オリオンドラフト、熟撰、レーベンブロイ、ヱビス、エーデルピルス、スーパードライと種類も豊富で嬉しい限りです。泡盛や梅酒、ソフトドリンクもあって家族連れにも楽しめる内容でした。ライブやエイサー等、飽きさせない出し物もあるのでゆっくり飲むのも良いと思います。
今年はもうやらないのかな?是非、これからも続けて欲しいイベントです。

Img_0167ごちそうさま~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

インドな即席麺

結論から言うとインドが好きです。いや、インドの食材が料理が好きなのかも知れません。
アジア食材店ってタイとかフィリピン、韓国のインスタント食品はありますが、インド物って少ないと思います。そこでいつも行く西葛西のインド人のお店でついインドのインスタント物を買うわけですが、今まではずれを引いたことがありません。そんな美味いインスタントインドの食材の一つがこちら
Img_0146
以前紹介した物はカップ麺でしたが、こちらは袋麺です。実は前にも別の袋麺を買ってめちゃ美味しかったのですが、写真が無くてスミマセン、、、。
スープ少なめなのは以前も書きましたが、今回は日本語堪能なインド人がいて表示の通り作ったらスープがないから水を倍量で作れと教えてくれました。やっぱり表示の作り方ではスープ少ないんですね、、、他にもトマトを入れるとか教えてもらったので、とりあえず作ってみました。
Img_0148
これがめちゃくちゃ旨いです、インド人がこれが美味しいと推薦してくれたのも納得のうまさでもっと買っておけばよかったとやっぱり後悔、、、。不思議なもちもち麺に絡むマサラのスパイシーさをトマトの酸味が包みます。こってりと美味い、そんな感じでした。

インド食材シリーズ、これからも断続的に続きます、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

鳥取は砂丘より竹輪がいい

Img_0141鳥取は竹輪文化が盛んと言っても良いほど、竹輪と密接な食生活(?)が行われています。
代表的なのがこの2つ、あごちくわ(トビウオの竹輪)ととうふちくわで、常に冷蔵庫に常備されていると言っても過言ではないでしょう。特にとうふちくわ大好きなのですが、極端に日持ちしないのでお店で使えないのが残念です真空パックの物とか取り寄せられるんですが、味が落ちるんですよね、、、。
鳥取に行かれることがあれば、是非試してもらいたい1品です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

風が語りかけます

Img_0140 かなりなローカルネタですが、

「うまいうますぎる」は

埼玉県民の合い言葉だそうです(やや嘘)
十万石饅頭は埼玉県民のソウルフードだそうです(かなり嘘)

お土産に頂いたのですが美味しかったですよ~。
気になる方はメーカーのHPを見てください。

(株)十万石ふくさや ネット販売もやってるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

多分暑いから

Hi390463 何故か最近、ウチの猫はこんな格好で寝たがります。

人間が仕向けたわけではなく本当にこの格好をするんです

猫は丸くなって寝る物じゃないのか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

08.07.02 最後の晩餐?

いつも羽田空港に行く前に寄るお店があります。モノレール浜松町駅から近くて、時間をつぶしやすくて、なおかつ美味い、そしてそれがアルコールとくればもうこれは外せないでしょう。
Img_0130 と煽りつつ、まずはそのお店に行く前に東京駅でこれまた最近は外せないお店がこちらのバーバートーキョー。こちらのビールのラインナップはすばらしいのですが、中でもお勧めはよなよな”リアル”エールと東京ブラック”リアル”エール。缶で販売されていて両銘柄ともすばらしいのですが、無ろ過・非加熱処理・樽生、そしてそこからハンドポンプで汲み出されるというその味わいは優しくて奥が深くて、ビールと言う深遠な世界を垣間見させてくれます。本当はうちでも扱いたいです、、、安定して数が出ないから無理ですが、、、。
Img_0129 泡がめちゃきめ細かいです

Img_0132 JRで浜松町に移動してこちらがいつものキリンシティー浜松町。ビールが旨い、つまみもそこそこ旨い、安心していけるお店であり、自分の中で旅の最後を締めくくるお店です。注ぎ手によって味の変わる樽生ビールですが、ブラウマイスターを3杯飲んだ中で最初と2杯目を注いでくれた女の子の方がまろやかで甘みがあっておいしかったですねぇ最後は男性が注いでくれたのですが、炭酸がちょっと多めで苦味の強い味わいでした。夏向けと言えばそうですが、冷房の効いた店内では苦味よりもブラウマイスターの旨みを強調したほうがおいしいと思います。
Img_0133 樽生ブラウマイスター
Img_0135 茨城産アスパラガス
Img_0137 島根産トビウオの南蛮漬け
Img_0138 アボカドとシュリンプのサラダ

いつものように料理と酒に特化した旅でしたが、はやっているお店でもばらつきがありますね。今回行ってまた行きたいと思ったお店もあれば、もういいかなと思うお店もあります。しかし、それらすべてが刺激になったことに違いはありません。良いところは真似をして、良くないと思ったところは他人の振り見て我が振りなおして、今よりいいお店になっていけるよう努力したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

08.07.02 東京~那覇

短かった休日もこの日で終わり。先に書いたデリー上野店はこの日のランチでしたが、その後の模様です。
Img_0126 上野でカレーを満喫した後、地下鉄で西葛西に移動。川崎と西葛西は、関東方面へ来たら最近は大体必ず寄っています。凄く絶対的な目的があるわけではないのですが、なんかやっぱり行かないと落ち着かないんですね~。
西葛西ではとあるインド食材店へ。営業は13時からとなっていますが、14時に行っても開いてませんしかしその程度は想定内なのでへこたれずに近くの人気古着屋さんを物色。ここはいつ来ても売る人買う人でにぎわっていて、中には掘り出し物があったりしますからつい来てしまいます。
古着あさりも終わって駅近くのドトールでお茶してから、15時過ぎにインド食材店へ行くとやっと開いてました。インド直輸入、インド人向けのお店なのでかなり格安&品揃え豊富、そしてマニアックです。以前紹介したインドなカップヌードルもここで買いました。砂町銀座でも格安と言われている輸入食材店に行ったのですが、こちらの方がもっと安いんですねぇ。店員も客もインド人ばかりです。プチインド体験してみたい方、インドに飢えている方には特にオススメです。インドに行ったことあると言えばフレンドリーですが、かなり細かくつっこみを入れられるので嘘はオススメできませんオイラは8年前に印度行きました~

カレーとかしこたま買い込んでインドな香りを漂わせながら、西葛西を後にして東京駅へ移動。東京駅は再開発で、駅中も駅周辺もかなりおもしろいことになっています。チーズやらバターやらベーグルやら、こちらでもいろいろ食材を買い込んでいよいよ帰路に備えます。

羽田前の定番、最後の晩餐を初披露

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

デリー上野店

Img_0120 日本人なら普通にカレーが好きだと思うのですが、うちもご多分に漏れず好きです。そして東京に行ったらほぼ必ず寄るのがこちら、カレー専門店デリー上野店です。今更どうこう言うこともないほど昔から有名店なのですが、今回もほぼ開店直後に言ったにも関わらず10分ほど待ちました。帰る頃はもっと長い行列でしたが、、、。

Img_0123 印パ系のカレーで種類もいろいろありますが愛して止まないのがこちらのカシミールカレー。かなり辛いですが、単に辛いだけでなくスパイスの使い方が絶妙です。辛いだけのカレーならいくらでもありますが、スパイスを上手に使うという点では、未だにデリーの上に出る物はないんじゃないかと思ってます。
こんなカレーが作れるなら自分でカレー屋やりたいです

デリー上野店
東京都文京区湯島3-42-2
11:50-21:30
年中無休
03-3831-7311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

庫裏

ここに来る前に先に食べてきたので、この日の夜は飲めるお店に。銀座というと高級(古い?)ですが、ここはそれなりに手頃な値段でお酒を楽しむことが出来ます。1人でやっているのでお店も広くありません、料理も珍味ただ盛りつけるだけ系、対応も失礼はないけど味気ないです(笑)

Img_0116

Img_0117

Img_0118

Img_0119

写真を見てもらえれば分かるとおり日本酒のお店ですが、どちらかというと燗より冷蔵で飲ますのがメインのお店です。焼酎も少しありますが、ほぼすべてのお客さんが日本酒を飲んでいます。銘柄数も多く、量も60mlから頼めるのでいろいろ飲むには良いと思いますが、多く量を頼んでも安くならないのは不思議でした。

銀座だと行くお店に困ったりしますが、押さえの1件として悪くないなと思います。

庫裏
東京都中央区銀座6-4-15 トニービル2階
18:00-
定休日 日曜、第3土曜
03-3573-8033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

08.07.01 都内各地

旅の疲れはあっても、普通に仕事しているより睡眠時間が長くて旅行中は気力体力充実でした。睡眠ってやっぱり大切ですねぇ。
Img_0098 この日は最初に千駄木へ移動して用事を済ませた後、浅草の川向かい、隅田川ブルーイングへ向かいました。ここは天下のアサヒビールのお膝元、金のうんちが禍々しい、、、いえ、スパドラファンの方スミマセン別に悪意はありませんので、、、。ここで作られている地ビールを飲むために、わざわざ移動して来ました。
隅田川ヴァイツェン、アルト、ポーターの3種類。全体的にやや薄めな印象、ちょっと期待はずれな感は否めませんがまあ美味しかったです。次来るかと言われれば?ですが、近くまで来たなら寄っても良いかなと思います。ただ、近くにキリンシティがあればそちらに行くでしょう(笑)
Img_0110 和菓子好き(というか甘い物好き)なので、ここらでおみやげタイム。まずは浅草でおいもやさん興伸の大学芋を購入、それから地下鉄で赤坂に移動していつもの定番、赤坂雪華堂の甘納豆を購入。どちらももっちり柔らかくてほどよい甘さ、和菓子好きにはたまりません。沖縄に住んでいるとなかなかこういう物に巡り会う機会が少ないので、つい買い込んでしまいます。どちらもオススメのお土産(もちろん自分用にも)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

井のなか

Img_0086 錦糸町に来たのは、砂町銀座の他にもこの「井のなか」に行きたかったと言うのもあります、と言うか実はこちらが主たる目的です。弘明寺も実は別に本命があったんですけどね。
17時開店と言うことで17時過ぎを目指して入店、案の定一番乗りです。

Img_0082 店内は想像より広くて40人くらいキャパはありそううな感じ。しっかり作り込まれた統一感のある店内は、料理もお酒も否応なしに期待が高まります。
メニューは肉、魚、野菜とバランスよく構成されているようです。ただ、魚好きなので注文は魚が多くなりますが

Img_0085 金目鯛の昆布締め
Img_0087 大山地鶏ささみの一夜干し
Img_0088 ノドグロ(赤ムツ)の一夜干し
Img_0091 ひろうすの蓮根あんかけ
Img_0093 自家製パテ
Img_0094 白海老の素揚げ

Img_0090 ドリンクはヱビス樽生の後、睡龍、辨天娘、竹鶴をそれぞれ1合ずつ頂きました。ここは日本酒を燗で飲ませるお店として聞いていたのですが、いざ頼むと最初に「冷やですか?」と聞かれて??もちろん熱燗でお願いしましたが、後々話を聞くと開店当初よりお店の方向性を少しずつ変えてきているようです。同じマニアック系(?)のお店をやる人間としていろいろ勉強させてもらいましたが、やっぱりいろいろとあるんですねぇ。今のkanaにはあまり縁のない話でも、いつかは直面する問題なのかも知れません。ただ、とりあえずうちの日本酒は燗酒中心で行きます。自分がその方が美味しいと思うんだから仕方ありません。
少し方向性は変わっていても、期待通りのお酒と期待以上の料理で満足のお店でした。値段は東京ですから敢えて何も言いません。是非、また行きたいお店です。

井のなか
東京都墨田区錦糸2-5-2
17:00-23:30
日曜、祝日定休
03-3622-1715
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

08.06.30 東京・神奈川

すでに沖縄に帰りましたが旅行の続きです。東京は涼しかったので、沖縄の暑さと湿度が、、、死にそうです
下町が好きとか、今ちょっと流行っているとか関係なのですが、地元の商店街と言うところを散策してみました。
Img_0065

Img_0066
こちらは横浜からほど近い「弘明寺(ぐみょうじ)観音通り商店街」。その名の通り、弘明寺の参道だったところが商店街になったようです。やたらと惣菜屋さんというかお弁当を売る店が多いです、理由は分かりませんが、、、。ほとんどが地元の方ですが、弘明寺に参拝なのか観光っぽい人もいます。

Img_0072
続いて錦糸町駅まで移動。初めて来ましたが、意外と言っては失礼ですが開けたところでした。駅前にマルイがあってヨドバシカメラが駅ビルにあって、駅前だけで1日過ごせそうです。と言っても、錦糸町駅前に用事があったわけでは無くてここからバスで目的の商店街に移動です。

Img_0077

Img_0078

駅前からバスに揺られて15分ほど、こちらは「砂町銀座」です。最近は激安商店街とかで放映されているらしいですが、基本的にテレビ見ないので知りません東京の下町っぽさ(言葉では美味く説明できませんが、、、)全開で、基本的に何でも売っているのですがその売り方が沖縄っぽいです(笑)。沖縄はもう少しアジアっぽさがあるから一緒ではないですけどね。

両商店街に共通して言えるのは、ちゃんと活気があって、それは商店街が努力しているからと言うこと。お店が儲けようではなくて、お客さんと歩んでいこうという気持ちを持っているからこそお客さんもついてくるんだと思います。沖縄の市場も、観光客じゃなくて地元客を見て行かないと今より状況が悪くなるかも知れませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »