« 今年は結局 | トップページ | 若干お休みの告知 »

2009年7月14日 (火)

古酒の色

20090621142612甕貯蔵の古酒は程度の差はあれど、ゆっくりお酒に色が付いてきます。
写真だとわかりにくいですが左は無色透明で、右のお酒はわずかに色が付いています。でも、実は貯蔵年数は左のお酒の方が長くて、左は釉薬の塗られた甕で7年、右は釉薬の無い甕で5年です。見た目同様、味的にも右が甕味+まろやかな熟成感で左を圧倒しています。
瓶熟を否定はしませんが(むしろ肯定派です)、やっぱり甕、しかも荒焼の甕が良いですねぇ~confident

|

« 今年は結局 | トップページ | 若干お休みの告知 »

泡盛」カテゴリの記事

コメント

Kanaさん沖縄では大変お世話様でした。また京都に来る時は是非とも後輩のリストランテに顔出してやって下さいな。

投稿: ウチナイチャーキングW・山科 | 2009年7月15日 (水) 14時00分

ウチナイチャーキングW・山科 さん、コメントありがとうございます。
こちらこそ先日はお世話になりました。
おみやげまで頂いてありがとうございます。
京都に行ったらまた行く店が増えちゃいました。
1泊くらい増やした方がいいかもcoldsweats01
次回行くときは予告して行きますので、
是非とも一緒に飲みたいですね。
そのときはよろしくお願いします。

投稿: kana | 2009年7月15日 (水) 15時08分

最近は甕熟成の良さに惹かれ、南蛮甕が欲しくなってきましたが・・・大きい物は置く場所がないのです。

なので、小さいものからチャレンジしようと思っています。

投稿: マツイ | 2009年7月16日 (木) 18時39分

マツイさん、コメントありがとうございます。
甕は意外に場所とらないから大丈夫ですよ。
ただ、動かすとなると面倒ですが、、、。
3升くらいだと手頃でいいですよ~。

投稿: kana | 2009年7月17日 (金) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501559/45631753

この記事へのトラックバック一覧です: 古酒の色:

« 今年は結局 | トップページ | 若干お休みの告知 »