« 本日は貸切です | トップページ | 2012.10.16(東京都新宿区)はまぐり »

2012年11月12日 (月)

2012.10.16(東京都千代田区)クラフトビアマーケット神保町店

クラフトビール(地ビール)が東京でこれだけ支持されているのは心強いです

20121016172923

20121016173407

20121016173433

20121016180916

20121016185201

20121016185216

20121016185307

20121016190957

20121016192432

美味しいクラフトビールを安くて気軽に呑ませるお店として、現在都内に2店を展開するクラフトビアマーケット。コッソリ盗み聞きした所によると更に数店出店予定だとか!そんなこんなでこちらのお店も大盛況。予約無しで座れるのは壁に向いたカウンターのみという繁盛ぶりです。

1994年に解禁されたクラフトビールも、10年近くの歳月を経てようやく地に足がついた感じがします。当時はお土産的イメージが強く、残念ながら味の評価は二の次。とりあえず作れば売れるから作るという風潮でした。モチロン、今でもそういうビールが残っていないわけではありません。しかし、今では多くの優れた作り手が美味しいビールを造り出しており、日本のクラフトビールは世界に引けを取らないレベルにあると言っても過言では無いと思っています。しかし、そこに立ちはだかるのは酒税というマイクロブルワリーにはあまりに重すぎる足かせ。まだまだクラフトビールが一般的になれないのは値段の高さに起因するところが大きいと考えています。

長々と書いてしまいましたが、そんな風潮に一石を投じたのがクラフトビアマーケット。ひょっとしたら直営店より安い?と思うほど良心的価格であちこちのビールを飲ませてくれます。ビールの売り上げは年々下がっており、発泡酒や第3のビールに地位を奪われる中、多くの人がホンモノを求めてこういうお店に集まるというのは、日本もまだまだ捨てた物ではないかなとさえ思います。

お店の正面を解放して入りやすい雰囲気。店内入って正面上方には大量のケグ(ステンレス樽)が見え、ビアマインドを加速します料理も豊富でビールをそそるメニューが揃っています。特徴的だったのは店員さんのユニフォームが無くて、一見すると店員さんとお客さんの区別が付きません。それが良いのか悪いのかはイマイチピンと来ませんでしたが、対応してくれた店員さん(女性)は感じの良い人で好感が持てました。店員的よそよそしさもなく、かといって友達的馴れ合いもなく、良い意味で人事担当者に会ってみたいと思いました(笑)

クラフトビール好きならモチロン、クラフトビールにこれから踏み入れたい人にも間違いなくお勧めできるお店です。

クラフトビアマーケット神保町

|

« 本日は貸切です | トップページ | 2012.10.16(東京都新宿区)はまぐり »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.10.16(東京都千代田区)クラフトビアマーケット神保町店:

« 本日は貸切です | トップページ | 2012.10.16(東京都新宿区)はまぐり »